スチールバンド(バンドシール)・締付機

スチールバンド
バンドシール
スチールバンド用締付機 KDS−JS型
スチールバンド用締付機 KDS−JS-10(短ハンドル)
作業手順

スチールバンド

材質 板厚(mm) 幅(mm) 長さ(m) 入数 定価
(1巻あたり)
在庫
亜鉛鉄板 0.4 16 100/巻 5巻 4,800円
SUS 304 0.4 16 100/巻 5巻 12,000円

バンドシール

材質 板厚(mm) 内寸×長さ(mm) 入数/箱 定価 在庫
亜鉛鉄板 0.5 16.7×27 1,000個 5000円
SUS 304 0.6 17×25 1,000個 25200円

スチールバンド用締付機 KDS−JS型

品番 KDS−JS型
重量 約2kg
全長 300mm
使用可能バンド幅 10mm〜19mm
定価 73,000円

スチールバンド用締付機 KDS−JS-10(短ハンドル)

品番 KDS−JS-10(短ハンドル)
重量 約1.42kg
全長 250mm
使用可能バンド幅 10mm〜16mm
定価 73,000円

※空調用スチールバンドの標準品は0.4mmt x 16mm幅 x 100m巻になります。

作業手順 [PDFはこちら]

1
スチールバンド 作業手順
① 予め、フレキシブルダクトの口径に合わせスチールバンドを切断して下さい。
② 写真の様にバンドシールにバンドを通してバンドの先端部分を数センチ曲げておきます。
2
スチールバンド 作業手順
ダクトにフレキシブルダクトを差し込み、スチールバンドを一廻りさせバンドシールに通す。
3
スチールバンド 作業手順
締付機にスチールバンドをセットしてください。
※写真の様にハンドルを前側に倒して、先端部分が一番短い状態にてバンドを押さえ、バンドシールにセットして下さい。
4
スチールバンド 作業手順
ハンドル(赤玉部分)を前後に動かし、スチールバンドを確実に締めます。
5
スチールバンド 作業手順
写真の様に締付機を前側に倒したままカッターハンドルを手前に引き、スチールバンドを切断します。
6
スチールバンド 作業手順
写真の様に締付機を抜いた後、スチールバンドの折り返しの戻り防止とエアーリークの防止のためダクトテープを巻き、仕上げて下さい。